現代思想の冒険者たちselect<br> ドゥルーズ―ノマドロジー

個数:

現代思想の冒険者たちselect
ドゥルーズ―ノマドロジー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 07時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 279p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062743617
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0310

出版社内容情報

差異はまた反復であり反復はすでに差異である

ノマドロジー(nomadologie)
定住することなく草原を自由に駆けめぐる遊牧民(ノマド)のように生きる事は可能だろうか。われわれの日常は、無意識のうちに領土化され、内部化されている。その図式を拒絶する遊牧民の生き方は、それ自身外部性の形式をもち、画一化を迫るさまざまな力と格闘する多様体の論理を有している。ノマドロジーとは狭義の政治にとどまらず、思考や芸術といった営為においても、新たなものを生成し閉塞からの逃走線を描くための有効な武器なのだ。

<付録>
著作ダイジェスト/キーワード解説/読書案内

篠原 資明[シノハラ モトアキ]
著・文・その他

内容説明

ノマドロジー―定住することなく草原を自由に駆けめぐる遊牧民のように生きる事は可能だろうか。われわれの日常は、無意識のうちに領土化され、内部化されている。その図式を拒絶する遊牧民の生き方は、それ自身外部性の形式をもち、画一化を迫るさまざまな力と格闘する多様体の論理を有している。ノマドロジーとは狭義の政治にとどまらず、思考や芸術といった営為においても、新たなものを生成し閉塞からの逃走線を描くための有効な武器なのだ。

目次

序章 逆説的な思想家
第1章 哲学者たち
第2章 小説家たち
第3章 差異と反復
第4章 機械圏へ
第5章 ノマドロジー
第6章 イマージュ論
終章 哲学とは何か

著者等紹介

篠原資明[シノハラモトアキ]
1950年生まれ。京都大学文学部卒業。同大学院博士課程修了。専攻は哲学・美学。京都大学大学院人間・環境学研究科教授。詩人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おっとー

7
わかりにくい、とにかくわかりにくい(挫折しました)…。なんというか、ドゥルーズの説明を平易な言葉でするのではなく、別の哲学概念を使ったり、別の哲学者と比較したりして延々と語るものだから結局何も理解できないのよね。難解で単調な大学の講義を聞いているみたい。2021/12/25

枕流だった人

2
船橋市2013/10/22

askmt

1
刺激的な単語が出てくるのだけれどそれが十分に定義されないままに使われるので全体としては意味がとれなくなってしまう。結果、劣化コピーの印象。原典をあたる方がはやそう。2013/10/23

放蕩息子

1
初読2013/03/31

歩き

1
高3。全然わかんなかったシリーズ。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425430

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。