講談社+α新書
最高の医療をうけるための患者学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062723886
  • NDC分類 490.14
  • Cコード C0247

内容説明

日本の医療改革のスピードを速めることができるのは、患者さんだけではないかと著者は考えています。個人個人の医療に対する態度がもっとも重要です。では、あなたにとって最良の医療を受けるには、具体的に、どのようにふるまえばいいのか、いますぐ医療に参加するにはどうしたらいいのか、それらを本書で解説します。

目次

序章 真のチーム医療ががん患者を救う
第1章 がんになっても、あせらない
第2章 コミュニケーションは真剣勝負で
第3章 患者の質問力が医療者を育てる
第4章 あなたにとって最高の医療とは
第5章 自分らしく生きぬくために
附章 患者が見た全米ナンバーワンの病院

著者等紹介

上野直人[ウエノナオト]
1964年、京都府に生まれる。ピッツバーグ大学付属病院にて一般内科研修後、米国内科専門医取得。米国一のがんセンターといわれるテキサス大学MDアンダーソンがんセンターに就職し、腫瘍内科医として研究、臨床に携わる。米国腫瘍内科専門医取得後、MDアンダーソンがんセンター助教授を経て、同准教授。腫瘍分子細胞学博士。専門は、乳がん、卵巣がん、骨髄移植、遺伝子治療。標準的な治療方法の開発から、新しい遺伝子治療の開発まで、がん治療の先端を担う。がんの治療効果を最大にするために必要かつ最適とされるチーム医療の推進にも力を入れ、日本でも医療従事者向けの教育活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fonfon

12
最悪の事態は健康なときに考えておこう。「患者として」病とつきあう具体的な方法と心構えが、あますところなくコンパクトにまとめられています。患者として生きる日のために読んでおいたほうがよい本No.1、だそうですが、題名がもう少し柔らかければ、もっと人口に膾炙するかも??ちなみに、著者の上野先生は、恋チュンby日米がん治療スタッフ、の仕掛け人です。↓の恋チュン、何度見ても、じわっと泣いてしまいます。 https://www.youtube.com/watch?v=0XGnzYMoX3g2014/03/06

MIYU

4
今までも、そして、今も経験している現実と重なり、とても勉強になりました。患者側に立って考え、一緒に病気に立ち向かって治療方針を探ってくれる医師に巡り会うことができるのは、とてもラッキーで、しかも完治できたらそれはこの上無く幸せな人生になると、実感しています。いつの時も「生きる意味」は、その時その時の大切な出会いが、教えてくれるのだろうと思います。2013/06/16

ポコ

2
上の子のアレルギーの時にも思ったが、医者に付いていかなくてはならないのは結構しんどい。でも、治したいとか、よく生きたいと思うのであれば、患者も努力しなくてはならない。 でも、母親は医師とのコミュニケーションを拒絶する。そのことで医師との関係がさざ波立つのが嫌なのだ。質問の仕方が難しいのかも知れない。 標準療法を強く進めていることも、目から鱗だった。もう、数年、早く出会いたかった。2012/10/13

らふぃん

2
⑧勉強になりました。 いい医療を受けるためには患者が変わらなければいけない。 日本の医療は世界でも最高レベルとのことだが、 アメリカと違うのは患者さんが違うとのこと。 患者さんが自分の病気の状態をほとんど把握してないのは問題だと筆者はいう。 どんな問題でも大事なのは誰か(この場合医者)を変えることでなく、自分が変わることが大事だってことなんだ。 お医者さんとのコミュニケーションを上手くとる。 飲んでる薬の名前、飲んでる量、飲み始めた日、期間を記録する。 筆者は乳がんが専門のようだ。 知らなかったのだ2009/05/06

Miki

1
がんになる前に読んでおいたらいいかもしれない。2015/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/261419
  • ご注意事項