講談社+α新書<br> 家族のための老いじたくと財産管理―親子の財産トラブルと成年後見制度

講談社+α新書
家族のための老いじたくと財産管理―親子の財産トラブルと成年後見制度

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062721158
  • NDC分類 324.65
  • Cコード C0236

内容説明

これまでのように、子どもに任せておけばすんだ時代ではない。判断能力が衰えたり、痴呆になった高齢者の暮らしと財産を守る“成年後見制度”が我々の強い味方になる。本書では、子どもをあてにしない、負担をかけない「お金」の生涯設計を提案。

目次

第1章 親と子どもの「老いの風景」―子どもがいれば老後は安心か
第2章 子どもに頼らない「老いじたく」―「任意後見制度」を上手に使った例
第3章 子どもがいない痴呆の高齢者たち―「法定後見制度」で救われた例
第4章 知的障害のある子の将来を案じる親たち
第5章 「老いじたく」に欠かせない財産管理
第6章 知っておくと役に立つ老後を生きるコツ

著者等紹介

中山二基子[ナカヤマフキコ]
岡山県に生まれる。東京大学を卒業。弁護士。一男二女の母。同業の夫と東京都内に法律事務所を持ち、夫婦・親子・相続・高齢者の財産管理・成年後見制度などが専門。東京弁護士会財産管理センター「オアシス」委員・家庭裁判所家事調停委員。「高齢社会対策大綱」のための「高齢社会対策の推進の基本的在り方に関する有識者会議」(内閣府)の委員などを務める。弁護士の仕事のかたわら、テレビ、ラジオに出演したり、新聞・雑誌にたびたび取り上げられるなど、高齢者問題の第一人者
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。