講談社文庫<br> まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

講談社文庫
まどろみ消去―MISSING UNDER THE MISTLETOE

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月16日 21時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062649360
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが…。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

257
S&Mシリーズもまずは5作目を経て一休みと云ったところか。著者初の短編集は実にヴァラエティに富んでいる。私はタイトルから本書を読むことで眠気も覚めるという作者の自信を表現したと理解したが、英題は“Missing Under The Mistletoe”、直訳になるが『寄生木の下で消失』といささか幻想めいたタイトル。これから想起させられるのは明るい日差しの中、寄生木の下で読んでいるといつの間にか異世界に連れて行かれるようなイメージだ。どちらにせよ、実に森氏らしいタイトルだ。さて貴方の眠気は覚めるだろうか?2015/07/15

勇波

182
よくこんなスマートでオシャレな話が作れるもんだと只々感心。。「"人類は10進法を採用しました"というジェスチャではない」の一文に衝撃を受けたのは僕だけではないはず。お気に入りはやっぱり最後の『キシマ先生』かな★2015/04/18

KAZOO

164
短編集では理系ミステリーというよりも、文系の様々な形の作品が11収められています。散文詩のような作品もあったりします。森さんの作品とは思えない感じです。名前を書くしたら誰が書いたかあまりわからないような気がします。ミステリーとしてはやはり長編のほうが面白い気がします。2016/03/06

mariya926

158
いつの間にかこの本が本棚にあったので読んでみました。特にS&Mシリーズの短編もあると言うので楽しみにしていましたが、どうも軽すぎます(笑)やっぱり森先生はあの分厚さがいいのかも知れません。しかしラストで犀川先生がズバリと答えを言ったのはさすがでしたね。短編集だからあっという間に読めるだろうと思った推理は外れてしまいました。名前がカタカナになるだけで、イメージが変わるのも不思議でした。小説家の妻のサキのストーリーも面白かったです。勝手に違う原稿を渡すのにハラハラしました。2021/02/28

とら

133
S&Mシリーズ五冊を読んでの幕間━シリーズとはまったく違ったテイストの短編集。お馴染み犀川先生達が出るのは強いて言うなら二作だから、シリーズには含めない。羽休め的な本である。でもそれにしては.....めちゃくちゃ面白かった!全編ユーモアが凄くて、ちょっぴりミステリテイストに仕上がっている。特に面白かったのは「虚空の黙禱者」「やさしい恋人へ僕から」「キシマ先生の静かな生活」ですね。いやあ、この三つに厳選するのも重労働。全編面白いんですもの。森さんの短編好きかもしれない。S&Mシリーズを一回離れてみようかな?2013/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/569787

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。