講談社文庫<br> 孟嘗君〈3〉

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
孟嘗君〈3〉

  • 宮城谷 昌光【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 講談社(1998/09発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 11時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062638647
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

成長した田文を孫〓に託して、白圭は周へ移った。師の孫〓に導かれて、仁の資質、信の確かさを増す田文。「わたしは文どのに広い天地と豊かな春秋をあたえたい」―。遂に孫〓は田文を実父田嬰に引き合わせ、田文は貴人の家の子にもどった。全土に秦・魏・楚が屹立する中、斉王は孫〓を軍師に決定した。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

75
1、2巻の白圭の部から、ようやく本来の主人公孟嘗君(田文)の物語に。白圭が田文を孫臏に託したことで田文の出自が斉でも明らかになる。桂陵の戦い、馬陵の戦いと、歴史的にめ有名な戦が続き、孫臏の活躍がえがかれているが、そばにつかえる田文の将来が垣間見えるような言動も心に残る。2021/04/07

KAZOO

64
この巻はのちの孟嘗君がやっと出てきます。養父は商人としての道に徹することになります。孫ぴんに教えを受けた田文は、本当の父親に会い実家に戻ることになります。この巻はどちらかというと孫ぴんが主役のような感じで、軍師としての才能を見せつけられてくれます。2015/04/18

とも

45
登場人物の相関図が混み入り出してきて、何度か頁を読み返しながら読了。 白圭、孫臏、田文を中心に、脇を固める田嬰、田忌、青欄や旼林らの女性陣もそれぞれが魅力的。 相変わらず面白いので続いて4巻に突入。これは再読したら尚面白そう。2017/05/01

17

41
(再読)孫臏救出作戦。文(孟嘗君)は、養父・白圭と別れ、実父・田嬰の下で道を歩み始める。斉の軍師となった孫臏は、馬陵の戦いで魏の将軍で旧友であった龐涓を討ち取り、復讐を遂げる。「龐涓は、若いころ、いい男でしたな」「権力という蠱毒をのんだ者は、人格さえかわってしまう」[2015-007]2015/01/12

明智紫苑

40
本来の主人公が前面に出てきた。しかし、基本的にはやはり(贅沢な)群像劇だ。しかし、前半の実質的な主人公である白圭一人だけを主役としても十分面白い話になりそうなんだな。要するに、宮城谷版田文には白圭ほどの魅力はないという本末転倒があるのだ。まあ、『楽毅』や『青雲はるかに』のように主人公に対するえこひいきが露骨にあるのも嫌だけどね。2018/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521607

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。