健康ライブラリースペシャル
大人の発達障害に気づいて・向き合う完全ガイド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 71p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784062596725
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C2347

出版社内容情報

もしかしたら発達障害? 本書掲載の評価シートを記入することで、その傾向と困難への対応策がわかります。今すぐ役立つ実用ガイド。

著者は発達障害の子どもの療育相談にかかわるなかで、その親にも同じ問題があることに気づきました。なかでも児童虐待やDVを行う親に発達障害が疑われる例があるといいます。その場しのぎの対応をするばかりで事態が解決しないのは、親に発達障害があるためだとも考えられます。まず大切なのは、本人が障害に気づくこと。そして本人と周囲の人がその障害に向き合うことで、状況を改善することができるのです。一方、発達障害の言葉が広まり、他人とのコミュニケーションがうまくとれない大人が、自分も発達障害ではないかと思いながらも、なかなか診断を受けられない状況もあります。
 本書では、発達障害かどうかの傾向を調査シートでつかみ、その対策を提案していきます。現場の経験をもとにしているので、従来の本にはない、現状を打開するための具体策がズバリ提示されます。

内容説明

なぜ!?自分がわからない!もしかしたら発達障害?アスペルガー症候群?ADHD?LD?当事者、家族、周囲の人誰もがすぐに利用できる日本初の記入式シート付き。評価シートと実例集で、その傾向と困難への対応策がズバリわかります。

目次

1 大人の発達障害の基礎知識(発達障害に気づいてほしい;大人にもある発達障害 ほか)
2 基礎調査票・評価シートと実例集(基礎調査票と評価シートの使い方;評価シートの解説と見方 ほか)
3 対応方法の具体例(本人ができること(人とじょうずにつきあう;コミュニケーションをとる ほか)
家族や周囲の人ができること(特性を知り、理解する;こちらからコミュニケーションをとる ほか))

著者等紹介

黒澤礼子[クロサワレイコ]
東京大学文学部心理学科卒。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修士課程修了。臨床心理士。臨床発達心理士。聖徳大学幼児教育専門学校講師を経て法政大学講師。順天堂大学医学部附属病院にて小児科・療育相談。特別支援教育専門家チーム委員。子ども家庭支援センターにて心理・発達相談員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カッパ

14
評価シートがついてるのでもしかしてというひとは調べてみてください。というスタンスなのかな?そういうところが気に入りました。2018/10/04

海(カイ)

12
本人として、基礎調査票をチェックしてみたけど、周りの人は、どう評価するか、気になった。2016/04/24

春木

1
まずは気付くことが大切。2016/12/09

かおり

0
仕事上必要に駆られて読了。これは本人・家族向けの本でした。2015/02/08

泉海咲

0
記入シートがついているのが良かった。やってみたらⅠの項目と話す・聞くの項目が高かったから、アスペルガー傾向がありそうだった。2018/09/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4523819

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。