講談社選書メチエ<br> 絶滅の地球誌

個数:
電子版価格 ¥1,944
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
絶滅の地球誌

  • 澤野 雅樹【著】
  • 価格 ¥2,160(本体¥2,000)
  • 講談社(2016/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 365p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062586412
  • NDC分類 462

内容説明

金沢城のヒキガエルがいなくなり、パナマの黄金カエルも死に絶えた。毎年、五万の種が消滅する地球は、オルドビス紀、ペルム紀、三畳紀などの五度の大絶滅を超える「第六の絶滅」へと静かな行進を続けている。五大陸は、人類の欲望と技術によって、二億五千年の時を越えて、また一つになり、「ニュー・パンゲア(超大陸)」となったのである。この超大陸は環境破壊だけでなく、「核の宅配便」までも可能にした。人類は、どうすれば絶滅への歩みを止められるのだろうか?

目次

第1部 第六の絶滅(ニュー・パンゲア;絶滅の考古学―キュヴィエの視線の先にあったもの;第六の絶滅―炭素の意味論)
第2部 第三の実験(プロメテウスの息子たち;核分裂と核融合;レオ・シラードと最終兵器;自然選択と破局の論理)
第3部 世界と未来の対角線(予測と変動;人為選択の経験と可能性;自由市場とその継子―行為における「信」と「不信」の構造;核の宅配便―ドクター・カーンのふしぎな事業)

著者紹介

澤野雅樹[サワノマサキ]
1960年、埼玉県生まれ。明治学院大学博士課程単位取得退学。現在、明治学院大学教授。専門は社会思想、犯罪社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

この地球は今、絶滅の危機に瀕している。──その現実を直視するために〈種の消滅〉と〈核開発〉をつなぐ線を浮かび上がらせる。この地球は、今まさに絶滅の危機に瀕している──。
本書は、この紛れもない事実を直視し、人類の未来を思考しようとするものである。
地球という星は、これまで五回にわたる「大絶滅」を経験してきた。そして、多くの専門家たちが警鐘を鳴らしている。現在、地球は六度目の「大絶滅」に突入しつつある、と。ある研究者によれば、毎年5万種の生物が地球上から姿を消している、そんな前代未聞の事態が今まさに進行している。
その原因は何か?
この問いに答えるために、著者は一見すると無関係な主題に向かっていく。それが「核開発」である。兵器としてのみならず発電のためにも使われる技術を、人間はいかにして生み出し、その現状はどうなっているのか。それを追求していくとき、「ニュー・パンゲア(超大陸)」と呼ばれる状態になった現代世界の姿に突きあたり、まさにその状態こそが「大絶滅」をももたらしているのではないか、という疑念がもたらされる。
では、どうすればよいのか? もしも処方箋を求めるなら、われわれは究極の問いに取り組まなければならないだろう。──「人間は人間自身を選別することができるのか? 生きてよい人間と生きなくてよい人間の分断線を引くことが人間にはできるのか?」
もちろん、簡単には答えられない。ことによると、誰にも答えられない問いかもしれない。だからといって現状を黙認すれば、無数の生物が姿を消し、憎悪を抱えたテロリストが生み出され続ける。
だからこそ、現実を直視すること。そして、むやみに絶望するのではなく、ただ愚直に思考すること。
本書は、前代未聞のテーマに全身全霊を捧げて取り組んだ著者からの、希望に満ちた贈り物である。

序章 カエルがいない?

第I部 第六の絶滅
第一章 ニュー・パンゲア
 1 空飛ぶ哺乳類の受難
 2 カエルのいない世界
 3 二つの絶滅率
第二章 絶滅の考古学──キュヴィエの視線の先にあったもの
 1 ジョルジュ・キュヴィエ
 2 断層の向こう側
 3 古生物学の誕生
第三章 第六の絶滅──炭素の意味論
 1 温暖化か寒冷化か
 2 負のフィードバック
 3 正のフィードバック

第II部 第三の実験
第四章 プロメテウスの息子たち
 1 結 集
 2 ロスアラモス国立研究所
 3 人工楽園
第五章 核分裂と核融合
 1 2万トンの意味
 2 投 下
 3 爆 縮
第六章 レオ・シラードと最終兵器
 1 シラードという男
 2 光と放射能
 3 最終兵器
第七章 自然選択と破局の論理
 1 自然選択の世界
 2 ハエの論理学
 閑話休題──基準をかき回す

第III部 世界と未来の対角線
第八章 予測と変動
 1 預言者の不在──一例としての少子高齢化の行く末
 2 人口爆発をめぐるいくつかの推計
 3 二つの絶滅率について
第九章 人為選択の経験と可能性
 1 19世紀における人口爆発の危機
 2 人間による人間の選別は可能か?
第一〇章 自由市場とその継子──行為における「信」と「不信」の構造
 1 売買の憂鬱な機構
 2 カウントされる欲望とカウントされない欲望
 3 預言者の復権
 4 暴力の投射的生産のメカニズム
第一一章 核の宅配便──ドクター・カーンのふしぎな事業
 1 オランダのさまよえるパキスタン人
 2 カーン・ネットワークの興隆
 3 核不拡散システムの欺瞞と陥穽
 4 ネットワークの終わりと未来
 5 核拡散防止条約と非核三原則

終 章 ときを拓く試み

文献一覧

澤野 雅樹[サワノ マサキ]
1960年、埼玉県生まれ。明治学院大学博士課程単位取得退学。現在、明治学院大学教授。専門は社会思想、犯罪社会学。主な著書に『癩者の生』(青弓社、1994年)、『記憶と反復』(青土社、1998年)、『数の怪物、記号の魔』(現代思潮社、2000年)、『ドゥルーズを「活用」する!』(彩流社、2009年)などがある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件