講談社選書メチエ<br> ブルデュー 闘う知識人

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ブルデュー 闘う知識人

  • 加藤 晴久【著】
  • 価格 ¥1,890(本体¥1,750)
  • 講談社(2015/09発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月10日 02時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062586092
  • NDC分類 361.235

内容説明

ピレネー山脈に近い小村に生まれ、パリの名門高等中学校さらに最高学府エコル・ノルマル・スュペリユールに進んだブルデュー。哲学を修めた後、一兵卒として赴いたアルジェリアでの体験は社会学専攻へと問題意識の決定的転換をもたらす。現実に強い関心を持ち、批判的知識人たらんとしたブルデュー。政治問題にコミットする一方、理論構築にも抜きん出ていたブルデュー。ハビトゥス、界、文化資本などの概念を創出し、社会の動力学を極めた社会学者の「生きた知」を解読する。

目次

第1章 人間ブルデュー
第2章 知識人ブルデュー
第3章 同時代知識人に対する評価
第4章 社会学者ブルデュー
第5章 ブルデュー社会学の理論的骨格
終章 若い読者のために―ブルデューの何をどう読むか

出版社内容情報

今世紀の知に与える影響の大きさはフーコーでもデリダでもなくブルデューが一番だろう。社会における知識人の意味を示した思想とは?

エコールノルマル・スュプリウールを卒業し、知識人界の頂点コレージュ・ド・フランス教授に選任されたブルデュー。哲学を学び、やがて社会学に方向転換したブルデューは、今もフランスと世界の思想に大きな影響力を持つ知識人。界・文化資本・ハビトゥスなどの社会学概念は21世紀の社会を分析するのにも有効な武器となる。

【著者紹介】
1935年生まれ。
東京大学文学部仏文科卒業。同大学院修士課程修了。
フランス国立高等師範学校に留学。
東京大学文学部教授、恵泉女学園大学教授を経て、東京大学恵与教授。
ピエール・ブルデューとの親交が深く、同氏の邦訳のほとんどに関与している。主な訳書は
『パスカル的省察』『自己分析』『実践理性』『市場独裁主義批判』『科学の科学』など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件