講談社選書メチエ<br> 軍人皇帝のローマ―変貌する元老院と帝国の衰亡

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
軍人皇帝のローマ―変貌する元老院と帝国の衰亡

  • 井上 文則【著】
  • 価格 ¥1,674(本体¥1,550)
  • 講談社(2015/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 23時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062586023
  • NDC分類 232.8

内容説明

共和政期以来、七〇〇年にわたり、ローマ帝国を支えてきた元老院。しかし、軍事情勢が悪化し、貧富の差が拡大した三世紀以降、支配権はバルカン半島出身で下層民からのぼりつめた軍人皇帝の手に移る。アウレリアヌス帝、ディオクレティアヌス帝、コンスタンティヌス帝など、じつに七七人中二四人が、バルカン半島出身の軍人皇帝である。ローマ文明を担うエリートの元老院の失墜と武人支配への変化を描き、ローマ帝国衰亡の世界史的意味をとらえなおす。

目次

序章 支配者層の変動とローマ帝国の衰亡
第1章 繁栄の時代から危機の時代へ―支配者層変動の遠因と近因
第2章 イリュリア人の興隆―ウァレリアヌス帝の改革
第3章 イリュリア人皇帝の時代―クラウディウスからディオクレティアヌスへ
第4章 イリュリア人の実像
第5章 元老院議員の世界―その文人的生活
第6章 イリュリア人の後退と元老院の復権
第7章 イリュリア人とゲルマン人の帝国
終章 軍人貴族の支配と元老院貴族の敗退

著者紹介

井上文則[イノウエフミノリ]
1973年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、早稲田大学文学学術院教授。京都大学博士(文学)。専攻は古代ローマ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

教養ある富裕層=元老院からバルカン半島出身の軍人皇帝へ。三世紀の支配者層の激変を描き、ローマ帝国と文明衰亡の原因を探る一冊。

共和政期以来、七〇〇年にわたり、ローマ帝国を支えてきた元老院。
しかし、軍事情勢が悪化し、貧富の差が拡大した三世紀以降、
支配権はバルカン半島出身で下層民からのぼりつめた軍人皇帝の手に移る。
アウレリアヌス帝、ディオクレティアヌス帝、コンスタンティヌス帝など、
じつに七七人中二四人が、バルカン半島出身の軍人皇帝である。
ローマ文明を担うエリートの元老院の失墜と武人支配への変化を描き、
ローマ帝国衰亡の世界史的意味をとらえなおす。

序章 支配者層の変動とローマ帝国の衰亡
第一章 繁栄の時代から危機の時代へ――支配者層変動の遠因と近因
第二章 イリュリア人の興隆――ウァレリアヌス帝の改革
第三章 イリュリア人皇帝の時代――クラウディウスからディオクレティアヌスへ
第四章 イリュリア人の実像
第五章 元老院議員の世界――その文人的生活
第六章 イリュリア人の後退と元老院の復権
第七章 イリュリア人とゲルマン人の帝国
終章 軍人貴族の支配と元老院貴族の敗退

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件