講談社選書メチエ<br> 海洋帝国興隆史―ヨーロッパ・海・近代世界システム

個数:
電子版価格 ¥1,620
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
海洋帝国興隆史―ヨーロッパ・海・近代世界システム

  • 玉木 俊明【著】
  • 価格 ¥1,782(本体¥1,650)
  • 講談社(2014/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585903
  • NDC分類 230.5

内容説明

近代黎明期、困難な海上ルートを通じて、世界へと乗り出したヨーロッパ諸国が築いた海洋帝国。ポルトガル海洋帝国が形成した異文化間交易のネットワーク。商業資本主義の時代、海運国家として繁栄を謳歌したオランダ。イギリスの電信網が生んだ世界の一体化―。ウォーラーステインの「近代世界システム」を海と商人の視点から捉え直し、ヨーロッパによる世界支配の本質に迫る。まったく新しい海事史(Maritime History)入門。

目次

序章 地中海・北海・バルト海・大西洋
第1章 「近代世界システム」の限界
第2章 北海・バルト海・地中海の商業
第3章 大西洋経済の形成とヨーロッパの一体化
第4章 アジア・太平洋とヨーロッパ
第5章 世界の一体化とイギリス
終章 海からみた世界システム

著者紹介

玉木俊明[タマキトシアキ]
1964年、大阪市生まれ。同志社大学大学院文学研究科(文化史学専攻)博士後期課程単位取得退学。現在、京都産業大学経済学部教授。専門は近代ヨーロッパ経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

バルト海、北海、地中海、大西洋。ヨーロッパの世界支配を生んだのは海だった! 異文化交易を担った国際商人の視点で世界史を描く。

近代黎明期、困難な海上ルートを通じて、世界へと乗り出したヨーロッパ諸国が築いた海洋帝国。ポルトガル海洋帝国が形成した異文化間交易のネットワーク。商業資本主義の時代、海運国家として繁栄を謳歌したオランダ。イギリスの電信網が生んだ世界の一体化――。
ウォーラーステインの「近代世界システム」を海と商人の視点から捉え直し、ヨーロッパによる世界支配の本質に迫る。まったく新しい海事史(Maritime History)入門。

序章  地中海・北海・バルト海・大西洋
第一章 「近代世界システム」の限界
第二章 北海・バルト海・地中海の商業
第三章 大西洋経済の形成とヨーロッパの一体化
第四章 アジア・太平洋とヨーロッパ
第五章 世界の一体化とイギリス
終章  海からみた世界システム

【著者紹介】
一九六四年、大阪市生まれ。同志社大学大学院文学研究科(文化史学専攻)博士後期課程単位取得退学。現在、京都産業大学経済学部教授。専門は近代ヨーロッパ経済史。著書に『北方ヨーロッパの商業と経済』(知泉書館)、『近代ヨーロッパの誕生』(講談社選書メチエ)、 『近代ヨーロッパの形成』(創元社)、The Rise of the Atlantic Economy and the North Sea / Baltic Trades, 1500-1800.(共編著、Stuttgart)、Comparing Post War Japanese and Finnish Economies and Societies(共編著、London and New york)、
『近代ヨーロッパの探究9 国際商業』(共著、ミネルヴァ書房)、『ヘゲモニー国家と世界システム』(共著、山川出版社)などがある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件