講談社選書メチエ<br> 卒業式の歴史学

個数:
電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり

講談社選書メチエ
卒業式の歴史学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月26日 04時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585491
  • NDC分類 374.4
  • Cコード C0321

内容説明

「最高の卒業式」を目指し、教師と生徒が努力を重ね、みんなでともに歌い、感動し、涙する「感情の共同体」が達成される―。この、日本独特と言える「儀式と感情との接合」は、いついかにして生まれたか。涙の卒業式、この私たちにとって当たり前の光景の背景には、明治初期以来の学校制度構築の歴史が横たわっている。日本の近代と教育をめぐる、新たな視角。

目次

第1章 卒業式のはじまり
第2章 試験と証書授与―儀式につながる回路
第3章 小学校卒業式の誕生
第4章 標準化される式典―式次第の確立
第5章 涙との結合―儀式と感情教育
第6章 卒業式歌―「私たちの感情」へ捧げる歌

著者紹介

有本真紀[アリモトマキ]
1958年鳥取県に生まれる。東京藝術大学音楽学部卒業、同大学大学院音楽研究科音楽教育専攻修士課程修了。専門は音楽科教育、歴史社会学。現在、立教大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

卒業、感動、涙、<仰げば尊し>と<螢の光>…儀式と感情が接合していく近代教育の歴史から、日本の学校の本質を浮き彫りにする試み

「最高の卒業式」を目指し、教師と生徒が努力を重ね、みんなでともに歌い、感動し、涙する「感情の共同体」が達成される――。この、日本独特と言える「儀式と感情との接合」は、いついかにして生まれたか。涙の卒業式、この私たちにとって当たり前の光景の背景には、明治初期以来の学校制度構築の歴史が横たわっている。日本の近代と教育をめぐる、まったく新しい探究!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件