講談社選書メチエ<br> 義経の冒険―英雄と異界をめぐる物語の文化史

電子版価格 ¥1,674
  • 電書あり

講談社選書メチエ
義経の冒険―英雄と異界をめぐる物語の文化史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585392
  • NDC分類 913.49
  • Cコード C0391

内容説明

一篇の御伽草子『御曹子島渡』を手に携えて、英雄・義経の物語をめぐる旅が始まる―。『古事記』の大国主神話、吉備真備入唐譚、坂上田村麻呂と悪路王、鞍馬寺の毘沙門天信仰、陰陽道、蝦夷ヶ島などなど、古代から近世までを縦断する義経物語の遍歴を検証し、跡づける冒険的力作。

目次

第1章 『御曹子島渡』の謎
第2章 鞍馬の山奥から
第3章 東北というトポス
第4章 兵法書の秘密
第5章 中世都市京都の周辺
第6章 吉備真備入唐譚をさかのぼる
第7章 蝦夷ヶ島へ

著者等紹介

金沢英之[カナザワヒデユキ]
1968年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程中退、博士(学術)。東京大学助手、札幌大学准教授を経て、北海道大学大学院文学研究科准教授。専攻は、上代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「義経」の物語は、どのように生まれ、そして時代とともに変容していったか。大国主から鬼の国に至るまで、物語の基層を探る旅!

「義経」の物語は、どのように生まれ、そして時代とともに変容していったか。大国主から鬼の国に至るまで、物語の基層を探る旅!

【著者紹介】
1968年生まれ。東京大学卒、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程中退、博士(学術)。東京大学助手、札幌大学准教授を経て現職。専攻は、国文学、上代文学研究。
.著書に『宣長と「三大考」』(笠間書院)がある。
.