• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
記憶の歴史学―史料に見る戦国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585224
  • NDC分類 210.47

内容説明

「歴史」はどのようにして生まれるのか。本能寺の変、細川ガラシャ自害事件など、さまざまな文書、日記などに記された人々の記憶が一つの歴史上の事件として定着してゆくプロセスを探る。

目次

第1章 史料学と記憶
第2章 記憶と史料と歴史のあいだ
第3章 歴史をつくった記憶
第4章 記録と記憶
第5章 覚書と記憶
第6章 文書と記憶
終章 歴史と記憶

著者紹介

金子拓[カネコヒラク]
1967年、山形県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。現在、東京大学史料編纂所中世史料部門助教。専門は日本中世史、史料学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「歴史」はどのようにして生まれるのか。本能寺の変、細川ガラシャ自害などの事件の記録を元に、記録が歴史となるプロセスを探る。

「歴史」はどのようにして生まれるのか。本能寺の変、細川ガラシャ自害などの事件の記録を元に、記録が歴史となるプロセスを探る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件