講談社選書メチエ<br> どのような教育が「よい」教育か

個数:
電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり

講談社選書メチエ
どのような教育が「よい」教育か

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062585095
  • NDC分類 371
  • Cコード C0337

内容説明

「ゆとり」か「つめこみ」か「叱る」のか「ほめる」のか―教育の様々な理念の対立はなぜ起きるのか。教育問題を哲学問題として捉えなおし現代教育の行き詰まりを根本から解消する画期的著作。

目次

第1章 教育をめぐる難問(教育の論じられ方;教育のいま;教育学の混迷)
第2章 アポリアを解く(現象学の援用;欲望論的アプローチとその優位)
第3章 どのような教育が「よい」教育か(私たちはどのような生を欲するか;「よい」社会とは;「よい」教育とは)
第4章 実践理論の展開序説(教育方法の根本発想;「よい」教師とは;「よい」教育行政とは)

著者紹介

苫野一徳[トマノイットク]
1980年生まれ。早稲田大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。早稲田大学教育・総合科学学術院助手などを経て、現在日本学術振興会特別研究員(PD)。専攻は教育学・哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

教育とは何か。根本から徹底的考える。  「ゆとり」か「つめこみ」か。「叱る」のか「ほめる」のか。なぜ様々な理念の対立は起きるのか。ヘーゲル哲学を元に教育思想のアポリアを解消する画期的著作!