講談社選書メチエ<br> アイヌの世界

個数:

講談社選書メチエ
アイヌの世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 01時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584951
  • NDC分類 389.11
  • Cコード C0321

出版社内容情報

ダイナミックかつ多彩なアイヌの世界を活写する

アイヌは縄文人の子孫か? 
クマ祭りの起源はイノシシ祭りだったのか? 
阿倍比羅夫が戦ったのはアイヌか? 
なぜマタギの言葉にアイヌ語があるのか? 
中尊寺金色堂の金箔はアイヌが採った日高産か?──最新の知見をもとにアイヌをめぐる様々な問いに大胆に答えながら、伝統を守りつつもダイナミックに変貌し続けた、これまでになく多彩なアイヌ像を描き出す。

第一章 DNAと言語からみたアイヌの起源――近年の研究から
第二章 縄文の祭りからクマ祭りへ――アイヌと縄文伝統
第三章 阿倍比羅夫はだれと戦ったか――混乱する北の民族的世界と王権
第四章 アイヌ文化の日本語・マタギ文化のアイヌ語――古代交流の残影
第五章 オホーツク人になろうとしたアイヌ――環オホーツク世界と植民
第六章 黄金国家とアイヌ――奥州藤原氏の金と北海道
第七章 謎の「宝の羽」を追って――北の先住民交易
第八章 アイヌモシリ一万年の景観史――文化の変容を読む


瀬川 拓郎[セガワ タクロウ]
著・文・その他

内容説明

アイヌは縄文人の子孫か?クマ祭りの起源はイノシシ祭りだったのか?阿倍比羅夫が戦ったのはアイヌか?なぜマタギの言葉にアイヌ語があるのか?中尊寺金色堂の金箔はアイヌが採った日高産か?―最新の知見をもとにアイヌをめぐる様々な問いに大胆に答えながら、伝統を守りつつもダイナミックに変貌し続けた、これまでになく多彩なアイヌ像を描き出す。

目次

第1章 DNAと言語からみたアイヌの起源―近年の研究から
第2章 縄文の祭りからクマ祭りへ―アイヌと縄文伝統
第3章 阿倍比羅夫はだれと戦ったか―混乱する北の民族的世界と王権
第4章 アイヌ文化の日本語・マタギ文化のアイヌ語―古代交流の残影
第5章 オホーツク人になろうとしたアイヌ―環オホーツク世界と植民
第6章 黄金国家とアイヌ―奥州藤原氏の金と北海道
第7章 謎の「宝の羽」を迫って―北の先住民交易
第8章 アイヌモシリ一万年の景観史―文化の変容を読む

著者等紹介

瀬川拓郎[セガワタクロウ]
1958年、北海道に生まれる。岡山大学文学部史学科考古学専攻卒業。文学博士(国立総合研究大学院大学)。現在、旭川市博物館副館長。専門は日本考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

31
「アイヌの歴史」の続編に相当する。 #説明歌 DNA縄文擦文オホーツクアイヌの関係「アイヌの歴史」 頭骨形態小変異十項目縄文アイヌアフリカユーラシア 謎の羽クジャクの羽かオオワシか「宝の羽」の謎をさぐる p.s. 「文字を持たないアイヌの歴史においてこそ、物質文化から歴史を復元する考古学の真価が問われているのだ」p185 「私は現在,函館高専の中村和之さんとともに元素分析の調査に向けた準備をはじめようとしている。アイヌと黄金国家は、はたしてひとつの線で結ばれることになるだろうか。」 p1362016/11/26

れどれ

3
考古学の性質上やむないとはいえ、憶測に基づいた仮説が多いのは惜しかった。自前の仮説が自前の仮説を補完し合う我田引水めいた論法も見受けられ、鵜呑みせぬよう警戒しながら読んでしまったけれど、それを差し引いても面白い箇所は面白い。宝の羽の謎を解き明かす展開などとってもスリリング。2018/11/17

takao

2
ふむ2021/07/27

koz kata

2
奥州藤原氏の金は北海道の金であろう、とか交易をかなり手広くやっていたので孔雀の羽根まで有力な首長が宝物として所有していたとか興味深い。 北方領土で発掘調査出来たらもっと研究が進むんだろうなあ。ロシアの学者頼りな現状がもどかしい。2015/07/19

fritzng4

2
アイヌとは何か、を知りたくて手にとった本だがそれについては著者の前著「アイヌの歴史」を読むべきだったのかもしれない。考古学的アプローチはなかなかに読みづらく、続縄文人やら擦文人やらの理解に少し苦しむところがあり。バイキングとしてサハリンやアムール川流域まで進出したことは興味深いが、早い段階で北海道から撤退したオホーツク人のほうが寧ろ興味深い。2013/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2899125

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。