講談社選書メチエ
三人称の哲学―生の政治と非人称の思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584920
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C0310

内容説明

非‐政治へ、非‐人称へ。現代思想の最前線にたつ著者が挑む「人格」という装置の脱構築。

目次

第1章 二重の生(人間科学機械)
第2章 ペルソナ、ヒト、モノ
第3章 三人称(非‐人称;動物;他者;「彼」;中性的なもの;外;出来事)

著者紹介

エスポジト,ロベルト[エスポジト,ロベルト][Esposito,Roberto]
1950年生まれ。ナポリ東洋大学教授等を経て、現在、イタリア人文科学研究所副学長

岡田温司[オカダアツシ]
1954年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は西洋美術史・思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人間としての正義を根本から考える。   政治学と生物学は、現代思想のシーンではますます緊密な連関を帯びてきている。「ペルソナ」の問題をローマ法やナチズムに遡って検証し、新たな哲学を提示する。