講談社選書メチエ<br> 交響曲入門

個数:
電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり

講談社選書メチエ
交響曲入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年01月23日 05時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 214p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584913
  • NDC分類 764.31

内容説明

交響曲には「構造」と「論理」がある。「交響曲の父」ハイドンからモーツァルト、ベートーヴェンをへてブラームス、ブルックナー、マーラーへ。前代の課題を引きつぎつつ交響曲というジャンルに自らの個性を加えてゆく各作曲家の創意と工夫の跡を丹念にたどりながら名曲の高峰を経巡る、もう一歩深い鑑賞への誘い。

目次

第1章 誕生
第2章 交響曲の雛形―ハイドン
第3章 交響曲の確立―モーツァルト
第4章 ベートーヴェン
第5章 ポスト“第九”―シューベルトとベルリオーズ
第6章 ロマン派交響曲
第7章 ブルックナーとマーラー
第8章 国民楽派のシンフォニストたち
第9章 二〇世紀と交響曲の未来

著者紹介

田村和紀夫[タムラワキオ]
1952年、石川県七尾市生まれ。国立音楽大学楽理科卒業、同大学大学院修士課程修了。現在、尚美学園大学芸術情報学部教授。専門は音楽学。クラシックからビートルズまで幅広い分野を研究対象とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

クラシック音楽の最高峰のすべてがわかる!交響曲には「構造」と「論理」がある。ハイドンからベートーヴェンをへてマーラーへ至る作曲家の創作上の工夫の跡を丹念に辿り、もう一歩深い名作の鑑賞へと誘う