• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
アッティラ大王とフン族―“神の鞭”と呼ばれた男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584777
  • NDC分類 230.3

内容説明

ゲルマン民族を粉砕し、ゲルマン民族大移動を惹起してローマ帝国滅亡の引き金を引いたフン族。その最大の王アッティラとは何者か?一五〇〇年以上にわたって積み重ねられた伝説のヴェイルを剥ぎ、歴史・考古資料のみにより、謎多き大遊牧帝国最強の王の実像を解明する。

目次

第1章 史料
第2章 アッティラの生涯―史料に記されている事実
第3章 人物
第4章 君主
第5章 外交家アッティラ
第6章 大将軍アッティラ
第7章 アッティラの死
第8章 アッティラの神話
結論

著者紹介

エッシェー,カタリン[エッシェー,カタリン][Escher,Katalin]
考古学博士。専門は前期中世史。現在、フランス・セルジー=ポントワーズ大学で「文化財鑑定法」を教える

レベディンスキー,ヤロスラフ[レベディンスキー,ヤロスラフ][Lebedynsky,Iaroslav]
歴史家。専門はウクライナ・ステップ地帯とコーカサスの戦士文化。現在、パリの国立東洋言語文化研究所でウクライナ史を講じる。キンメリア人、スキタイ人、サルマタイ人、アラン人など、ユーラシア大陸の遊牧民およびウクライナと北部コーカサス史に関する多数の著書がある

新保良明[シンポヨシアキ]
東北大学文学部卒業。同大学文学研究科博士前期課程修了。博士(文学)。東京都市大学教授。専門は古代ローマ史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ゲルマン民族を粉砕し、ゲルマン民族大移動を惹起してローマ帝国滅亡の引き金を引いたフン族。その最大の王アッティラとは何者か? 
一五〇〇年以上にわたって積み重ねられた伝説のヴェイルを剥ぎ、歴史・考古資料のみにより、謎多き大遊牧帝国最強の王の実像を解明する。