講談社選書メチエ<br> ハプスブルクとオスマン帝国―歴史を変えた“政治”の発明

個数:

講談社選書メチエ
ハプスブルクとオスマン帝国―歴史を変えた“政治”の発明

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年05月24日 11時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584715
  • NDC分類 319.346

内容説明

圧倒的軍事力を誇るオスマントルコから、いかにヨーロッパを防衛するか?最前線に立たされたハプスブルクが取った対抗策―それは情報を収集し、バラバラな諸侯をデータを挙げて説得して糾合する一方、民衆を反トルコプロパガンダで動員することだった。近代政治誕生のドラマを解明する画期的論考。

目次

序論 世界史の転換点とハプスブルク家
第1章 ハプスブルクの政治における揺れ動くもの・動かないもの
第2章 対オスマン防衛という仕事
第3章 国境を守るということ
第4章 オスマンの脅威を印象付ける
第5章 ドイツ帝国議会における情報戦略―「事実」の持つ力
第6章 クロアチア諸身分との奇妙な論戦―王国を兵舎にするべきか?
第7章 ヨーロッパ近代政治の道筋

著者紹介

河野淳[コウノジュン]
1974年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学大学院修士課程修了。オーストリア政府給費留学生としてウィーンへ留学。ウィーン大学大学院博士課程修了(Dr.phil.)。現在、早稲田大学等で非常勤講師。専攻は近世ヨーロッパ史(主な研究対象はドイツ、オーストリア、クロアチア)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「トルコの脅威」が近代ヨーロッパを生んだ!? 
圧倒的軍事力を誇るオスマントルコに、ハプスブルクが取った対抗策とは?データ重視、実力本位、民衆へのプロパガンダ。近代精神誕生のドラマを解明する画期的論考。