• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
江戸の病

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584371
  • NDC分類 490.21

内容説明

コレラにインフルエンザ、国民病とも言われる「肺病」とあふれる梅毒患者たち。出産は命がけだし、母乳の出だっておぼつかない。常と死と隣り合わせだった江戸の人びとは、ユーモアあふれる諦観と温情に満ちた人的ネットワークで乗り切った。江戸文化のエキスパートが、近世日本の新たな一面を明かす。

目次

病気の章(三日コロリ;死者二三万人 ほか)
産と乳の章(小野家の出産;下腹 ほか)
医者の章(はびこる「でも医者」;組合作って詐欺行為 ほか)
薬の章(売薬取締規則;お墨付きの「人体由来薬」 ほか)
終章 「飼い殺し」と「看病断」(病魔を払う色;「人情」の背景 ほか)

著者紹介

氏家幹人[ウジイエミキト]
1954年、福島県に生まれる。東京教育大学文学部卒業。歴史学者(日本近世史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ダメ医者に診てもらい、あやしい薬を買い、母乳のネットワークで助け合った人びと。
コレラにインフルエンザ、国民病とも言われる「肺病」とあふれる梅毒患者たち。出産は命がけだし、母乳の出だっておぼつかない。常に死と隣り合わせだった江戸の人びとは、ユーモアあふれる諦観と温情に満ちた人的ネットワークで乗り切った。江戸文化のエキスパートが、近世日本の新たな一面を明かす。