講談社選書メチエ<br> 日本人の脳に主語はいらない

電子版価格 ¥1,566
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
日本人の脳に主語はいらない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584104
  • NDC分類 815.1

内容説明

英語で“I love you.”とは言っても、日本人は決して「私はあなたを愛している」などとは言わない。「雨が降る」を英語で言うと、“It rains.”のように「仮主語」が必要になる。―これはどうしてか?人工知能研究と脳科学の立場から、言語について実験と分析を重ねてきた著者が発見した新事実。それは、日本語の音声がもつ特徴と、主語を必要としない脳の構造とが、非常に密接な関係にあることだった。斬新な視点による分析と、工夫をこらした実験、先行研究への広範な検討を重ねて、主語をめぐる長年の論争に大きな一石を投じる、衝撃の書。

目次

1 人は言葉をどのように理解しているか
2 仮想的身体運動としての想像
3 仮想的身体運動による言葉の理解―身体運動意味論
4 心の理解―仮想的身体運動による心の理解
5 母音の比重が大きい言語は主語や人称代名詞を省略しやすい
6 主語や人称代名詞の省略は母音で決まる―身体運動統語論
7 文法の終焉

著者紹介

月本洋[ツキモトヒロシ]
1955年東京都生まれ。東京大学工学部計数工学科卒業。同大学院修士課程修了。現在、東京電機大学工学部教授。工学博士。専攻は人工知能、データマイニング(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

脳科学が明かす日本語の構造

英語で“I love you.”とは言っても、日本人は決して「私はあなたを愛している」などとは言わない。「雨が降る」を英語で言うと、“It rains.”のように「仮主語」が必要になる。――これはどうしてか?人工知能研究と脳科学の立場から、言語について実験と分析を重ねてきた著者が発見した新事実。それは、日本語の音声がもつ特徴と、主語を必要としない脳の構造とが、非常に密接な関係にあることだった。斬新な視点による分析と、工夫をこらした実験、先行研究への広範な検討を重ねて、主語をめぐる長年の論争に大きな一石を投じる、衝撃の書!

【目次】
1. 人は言葉をどのように理解しているか
2. 仮想的身体運動としての想像
3. 仮想的身体運動による言葉の理解――身体運動意味論
4. 心の理解――仮想的身体運動による心の理解
5. 母音の比重が大きい言語は主語や人称代名詞を省略しやすい
6. 主語や人称代名詞の省略は母音で決まる――身体運動統語論
7. 文法の終焉