• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
平清盛 福原の夢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062584005
  • NDC分類 289.1

内容説明

平氏系新王朝を夢見てあらゆる手段を尽くした男、清盛。なぜ福原でなければならなかったのか?『源氏物語』須磨・明石巻との相似性、六波羅幕府と鎌倉幕府成立との連続・不連続、福原の地形的意味、遷都の政治的意味と抵抗勢力との角逐など、第一人者ならではの多角的アプローチで、誰も書かなかった大いなる野望に迫る。

目次

序章 皇胤
第1章 権力への道
第2章 太政大臣から福原禅門へ
第3章 日宋貿易と徳子の入内
第4章 六波羅幕府
第5章 平氏系新王朝の誕生
第6章 福原遷都
終章 還都その後

著者紹介

高橋昌明[タカハシマサアキ]
1945年、高知県生まれ。同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。神戸大学大学院人文学研究科教授。博士(文学、大阪大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)