講談社選書メチエ<br> 空の実践―ブッディスト・セオロジー〈4〉

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
空の実践―ブッディスト・セオロジー〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583947
  • NDC分類 181.4

内容説明

仏教の中核思想「空」とは何か。自己否定とそれを通してのよみがえりという「空」の実践のプロセスから、実践行為としての仏教の本質を考究する、碩学渾身の思考。

目次

第1章 空の実践
第2章 空と縁起
第3章 空性と自性
第4章 行く人は行くか
第5章 言葉を超える
第6章 『般若心経』における空
第7章 空の実践と真言
第8章 空の実践と三身仏
第9章 実践の行程―井上円了のパラダイム
第10章 よみがえる世界―空海におけるマンダラ
第11章 空の実践の二方向

著者紹介

立川武蔵[タチカワムサシ]
1942年、名古屋市生まれ。名古屋大学文学部博士課程中退、ハーバード大学大学院にてPh.D取得。国立民族学博物館名誉教授、愛知学院大学文学部教授。専門は仏教学、インド学。『中論の思想』(法蔵館、中日文化賞)、『女神たちのインド』(せりか書房、アジア・太平洋賞)など多数の著書がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)