• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
古代メソアメリカ文明―マヤ・テオティワカン・アステカ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583930
  • NDC分類 256

内容説明

ゼロの概念を発明し、文字や天文学を発達させたマヤ文明。山上都市モンテ・アルバン。ローマに匹敵する国際都市テオティワカン。メソアメリカ最大の王国アステカ―。日本人にはなじみの薄い「石器の都市文明」の全貌を明らかにし、文明とは何かを考察する。

目次

序章 世界六大文明としてのメソアメリカ文明
第1章 世界六大文明のなかの「石器の都市文明」
第2章 メソアメリカ最初の文明=オルメカ文明
第3章 究極の石器の都市文明=マヤ文明
第4章 メソアメリカ最古の都市を生んだサポテカ文明
第5章 古典期最大の国際都市=テオティワカン文明
第6章 群雄割拠のなかのトルテカ文明
第7章 アステカ文明と後古典期後期メソアメリカ
終章 メソアメリカ文明とは何か

著者紹介

青山和夫[アオヤマカズオ]
1962年京都市生まれ。東北大学文学部史学科考古学専攻卒業。米国ピッツバーグ大学人類学部大学院博士課程修了。人類学博士(Ph.D.)。茨城大学人文学部教授。専門はマヤ文明学、メソアメリカ考古学、文化人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)