講談社選書メチエ<br> ホワイトヘッドの哲学

電子版価格 ¥1,458
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
ホワイトヘッドの哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 178p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583909
  • NDC分類 133.5

内容説明

ホワイトヘッドの世紀は来るか?世界をすべて過程(プロセス)としてとらえ、独自の哲学を展開したホワイトヘッド。その超難解さゆえに紹介されてこなかった思考をあざやかに解説。

目次

第1章 入門以前―ホワイトヘッド哲学の見取り図(ホワイトヘッドの世紀;出会い;なぜかくも難解なのか;哲学は詩である;「こと」と「もの」;ひとつの出来事とはなにか;電磁気的な時代;相対論と量子論;生きいきとした自然;具体的なもの)
第2章 入門篇―ホワイトヘッド哲学そのもの(唯一無二のそれ(actual entity)
「わたし」ということ
非連続の連続
かかわり方(prehension)
知るための手がかり(eternal object)
フィーリングの海
物質と記憶
象徴によるつながり(symbolic reference)
事故超越体(superject)
一元、二元、多元
神と世界)
第3章 応用篇―エポック的時間とはなにか(エポックとはなにか;純粋持続;刹那滅;エポック的時間)

著者紹介

中村昇[ナカムラノボル]
1958年長崎県佐世保市生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程修了。中央大学教授。専攻は哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)