• ポイントキャンペーン

講談社選書メチエ
聖徳太子の歴史学―記憶と創造の一四〇〇年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062583824
  • NDC分類 210.33

内容説明

「日の本のかやうにあしくなりたるも、皆上宮太子の愚よりはしまれり」―。遺物信仰の対象として熟成した「聖徳太子」に攻撃を加える江戸の知識人。フェノロサ、岡倉天心らの古美術調査がもたらした近代の転回。『日本書紀』の原像にはじまり、現在のコンテクストが成立するまでを描く記憶と創造の物語。

目次

序章 「聖徳太子」か「厩戸皇子」か
第1章 「聖徳太子」の原像
第2章 「聖」はめぐる
第3章 攻撃される「聖徳太子」
第4章 法隆寺の「聖徳太子」
第5章 「古美術」調査から生まれた「聖徳太子」
第6章 子どもたちの「聖徳太子」
終章 「聖徳太子」とは何か

著者紹介

新川登亀男[シンカワトキオ]
1947年、広島市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程退学。早稲田大学文学学術院教授。専攻は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)