講談社選書メチエ
フランス現代思想―一九六八年以降

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062580120
  • NDC分類 135.5

内容説明

知の震源地、パリ。「実存」から「構造」へ、「構造」から「脱構築」へ…。一九六八年以後、めまぐるしく変貌する現代思想の原点はどこにあるのか?ラカン、アルチュセール、フーコー、デリダ…。彼らの哲学はどこから生まれてきたのか?ポスト・モダンのゆくえを見通す一冊。

目次

第1章 五月の「出来事」
第2章 幻滅と知識人の役割
第3章 サルトル
第4章 構造主義的マルクス主義者たち
第5章 反体制派
第6章 精神分析の政治学
第7章 フェミニズムの政治学
第8章 言語、権力と政治―フーコーとドゥルーズの仕事
第9章 言語・文学・デコンストラクション
第10章 「新哲学者たち」
第11章 社会学の位置
第12章 左翼知識人の沈黙