ブルーバックス<br> 進化から見た病気―「ダーウィン医学」のすすめ

個数:
電子版価格
¥1,012
  • 電書あり

ブルーバックス
進化から見た病気―「ダーウィン医学」のすすめ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月16日 00時35分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062576260
  • NDC分類 491.61
  • Cコード C0245

出版社内容情報

風邪を薬で治そうとすると、「ぶり返し」が起こりやすい! 新しい「病気とのつきあい方」を身につけよう。風邪を薬で治そうとすると、「ぶり返し」が起こりやすい!
新しい「病気とのつきあい方」を身につけよう

ヒトが病気になるのは、進化による必然だった!
感染症、遺伝的疾患、生活習慣病……。「病気」はヒトにとって不都合であるように思えるが、その症状の多くは身体を守るための防御反応であるということ、また、病気の原因遺伝子にはヒトが生き延びるために有益なものがあったということがわかってきた。進化論をもとにした「ダーウィン医学」によって明らかになりつつある、病気があることの意味を豊富な例とともに平易に解説。

「ダーウィン医学」は、医師のネシーと進化生物学者のウィリアムズによって1991年に提唱された。進化論をもとに、病気を中心とした、ヒトの身体に起こる不都合の意味を探り、治療・解決法の手がかりとすることをめざしている。ダーウィン医学が示す、ヒトの自然治癒力を生かすことの必要性や現代の医療が抱える問題点から、新しい「病気とのつきあい方」が見えてくる。

第1章 「ダーウィン医学」とは何か
第2章 風邪をひいてから治るまで 「ダーウィン医学」を理解するための練習問題
第3章 ヒトは病気とどうつきあってきたか
第4章 感染症 ヒトと病原体の進化競争
第5章 生活の変化が引き起こした「文明病」
第6章 遺伝病 ?良い遺伝子・悪い遺伝子
第7章 トレードオフ進化 進化が作り出した身体の不都合
第8章 先端医療はヒトの進化を妨げるか
第9章 老化と進化


栃内 新[トチナイ シン]
著・文・その他

内容説明

感染症、遺伝的疾患、生活習慣病…。「病気」はヒトにとって不都合であるように思えるが、その症状の多くは身体を守るための防御反応であるということ、また、病気の原因遺伝子にはヒトが生き延びるために有益なものがあったということがわかってきた。進化論をもとにした「ダーウィン医学」によって明らかになりつつある、病気があることの意味を豊富な例とともに平易に解説。

目次

第1章 「ダーウィン医学」とは何か
第2章 風邪をひいてから治るまで―「ダーウィン医学」を理解するための練習問題
第3章 ヒトは病気とどうつきあってきたか
第4章 感染症―ヒトと病原体の進化競争
第5章 生活の変化が引き起こした「文明病」
第6章 遺伝病―良い遺伝子・悪い遺伝子
第7章 トレードオフ進化―進化が作り出した身体の不都合
第8章 先端医学はヒトの進化を妨げるか
第9章 老化と進化

著者等紹介

栃内新[トチナイシン]
1951年、札幌市生まれ。北海道大学理学部卒業後、同大大学院に進学、理学部助手、講師を経て、同大学院理学研究院准教授。理学博士。同大の科学技術コミュニケーター養成ユニットのスーパーバイザーも務める。専門分野は動物発生学・免疫学・進化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

95
結構昔から言われている病気というのは、体を守るための信号あるいは防御的な反応であるということを、理路的な裏付けを行っているように感じまし図解でわかりやすく説明してくれて専門外のわたしでも分かった気になってきます。とくに最終章の先端医療の説明は参考になりました。2024/05/30

ehirano1

76
薬に過信して病を侮ってはイケナイ、という面が見れる一方、薬は手助けでしかなく、結局は「自身の体が病を治す」ということが認識できます。2024/04/29

すしな

46
043-24.進化医学について聞き齧ったので、読んでみました。そもそも病気とは何なのか?というので、風邪をひいたら免疫がウィルスと戦うために熱が出るわけですが、アレルギーとかうつ病とかもその症状が出る背景として、体にとって有用なことがあるのでは?というふうに考えるのがダーウィン医学なんだそうです。一般的に具合が悪い時はすぐにその症状を治そうとしますけど、環境に適用してないことで症状として出てくるものもあるので、その辺の原因を見極めるような治療が受けられる医療機関を見つけられると良いなと思いました。2024/04/29

翔亀

38
【コロナ37】ダーウィン医学とか進化医学とか呼ばれる最近の新しい概念の概説書。新しい医学の分野というより、進化論の観点から病気を再解釈する複数の試みからなり、確かになるほどと思う点は多々あったが、これまでの医学を覆すものではないようだ。最も成功している再解釈は、生活習慣病の原因分析で、人類の環境改変の進化のスピードが、人体の進化が追い付いていないとする点。人体は飢餓に適応して長い時間かけて進化したのに、人類は環境をあっという間に改変して飽食の時代になってしまったので、糖尿病や脂質異常症になる。コロナの↓2020/07/31

kaizen@名古屋de朝活読書会

28
#説明歌 風邪病気対抗反応不快感投薬反対ダーウィン医学2017/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/93979
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。