ブルーバックス
日本の原子力施設全データ―どこに何があり、何をしているのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 240,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062573450
  • NDC分類 539.2

内容説明

住宅地から150メートルという近接地で起こった、燃料加工施設JCOの臨界事故。原子力施設は、意外に身近で、重要な作業を行っている。原発から加工・再処理施設、そして研究炉まで、炉のタイプ、立地、規模、業務内容を網羅。基礎知識からよくわかる、読むデータブック。

目次

第1部 原子力発電の基礎知識(原子力発電とは何か;原子力発電の実際;原子炉の燃料と核燃料サイクル)
第2部 日本の原子力施設データ(商用原子力発電所;原子力開発機関・大学・企業の研究炉;核燃料加工・再処理施設等)
第3部 原子力事故と安全対策(放射線と原子力安全;原子力のトラブルと事故;原子力の課題―安全を守るために ほか)

著者紹介

北村行孝[キタムラユキタカ]
1950年、三重県生まれ。電気通信大学物理工学科卒業。読売新聞社入社後、前橋支局、社会部を経て、科学部で科学技術政策、原子力開発などを担当。2000年から科学技術担当の論説委員

三島勇[ミシマイサム]
1958年、名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。読売新聞社入社後、静岡支局から社会部。司法担当などを経て、現在科学部記者。宇宙・天文、原子力を担当