ブルーバックス<br> 「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情報を正しく読み取る

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
「食べもの情報」ウソ・ホント―氾濫する情報を正しく読み取る

  • 高橋 久仁子【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 講談社(1998/10発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 03時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 247,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062572316
  • NDC分類 498.51
  • Cコード C0240

内容説明

「砂糖がカルシウム欠乏を招く」「化学調味料で頭が悪くなる」「有精卵や天然酵母は体にいい」「クロレラは万病に効く」など、あたかも科学的に実証されたかのような思い込みに振り回されていませんか?何がホントで、何がウソなのか。本当に大切な食生活とはどのようなものなのか。健康に生きるための情報の捉え方、食生活のおさえどころを紹介します。

目次

序章 食べるということ
第1章 けなされる食品
第2章 ほめられる食品
第3章 いわゆる“健康食品”
第4章 “効く”のでしょうか
第5章 不安情報を調べてみると
第6章 食生活のおさえどころ―健康維持と食事の関係
終章 食べものを食べものとして

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TYURA BOY@CULTURE

1
フードファディズムという言葉を広めた方らしい。この方の意見もまた、一定のバイアスがかかっているのがわかる。出版が1998年の本なので、情報の古さも目立つ。2014/03/07

ykoji

1
評価の難しい本。「そうそう」とうなずける記述と「それは違うだろ」という記述が混在している。食べ物を単なる薬効のある薬として摂取する事で風味や食べる楽しみなどを軽視してしまうという批判はまったくもってその通り。しかし、高温殺菌牛乳に関する記述は全くの的外れ。『「食べもの神話」の落とし穴』の方がよい。2011/06/11

Y.T

0
☆☆☆★2016/07/20

phmchb

0
『水素プラズマエネルギー革命』の次に読み終わりました。

numainu

0
評価B2005/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/365779

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。