講談社+α文庫<br> 脳の欲望 死なない身体―医学は神を超えるか

電子版価格 ¥907
  • 電書あり

講談社+α文庫
脳の欲望 死なない身体―医学は神を超えるか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 357p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784062565349
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0195

内容説明

救急医療、性転換手術、拒食症・過食症、美容整形、動脈硬化遺伝子の発見とアルツハイマー病研究、体外受精と凍結受精卵による不妊治療。現代医療の現場から見えてきた、人間が可能になったこと。「やせて美しくなりたい」「元気なままで長生きしたい」…欲望する脳の人体改造願望に翻弄される、私たちの身体と医学の現状。大宅賞作家が、いま医学で起きていることを克明にレポートする。

目次

第1章 背中合わせの“死”
第2章 “性”の揺らぎ
第3章 “食”の暴走
第4章 “形”の革命
第5章 “老い”の逆説
第6章 “誕生”の曲がり角

著者紹介

野村進[ノムラススム]
1956年、東京都に生まれる。上智大学外国語学部を中退。1978~1980年、フィリピン・マニラに留学。帰国後、『フィリピン新人民軍従軍記』(晩声社)を発表し、ノンフィクション・ライターに。以来、アジア・太平洋関係のレポート、先端医学、バーチャル・リアリティなどの科学報告、各界の人物論などを手がけてきた。1997年、『コリアン世界の旅』(講談社+α文庫)で第28回大宅壮一ノンフィクション賞と第19回講談社ノンフィクション賞を、1999年、『アジア 新しい物語』(文芸春秋)で第11回アジア・太平洋賞を、それぞれ受賞した