チーム・ブライアン

個数:
電子版価格 ¥885
  • 電書あり

チーム・ブライアン

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年08月12日 13時41分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062191739
  • NDC分類 784.6
  • Cコード C0075

内容説明

羽生結弦を頂点に導いた男。フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。オーサー&ユヅル対談収録!

目次

序章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
第1章 ミスター・トリプルアクセル
第2章 キムヨナ
第3章 ユヅルとハビエル
第4章 ソチオリンピック
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
終章 ソチオリンピック後、未来へ

著者等紹介

オーサー,ブライアン[オーサー,ブライアン] [Orser,Brian]
フィギュアスケートコーチ。1961年カナダ生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1984年サラエボオリンピック、1988年カルガリーオリンピックの2大会連続で銀メダルを獲得し、1987年世界選手権で優勝したスーパースター。1988年に引退した後はプロスケーターとして世界各国でアイスショーに出演、人気を博す。2006年、キム・ヨナの指導をきっかけにコーチに専任するようになり、現在は男子シングルのトップスケーター、羽生結弦とハビエル・フェルナンデスの指導にあたる

樋口豊[ヒグチユタカ]
フィギュアスケートコーチ、振付師、解説者。1949年東京生まれ。フィギュアスケート男子シングルの選手として、1968年グルノーブルオリンピック、1972年札幌オリンピック日本代表。全日本選手権では1969年大会から1971年大会まで3連覇。1968年から1971年までトロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブのメンバー。1972年世界選手権後に現役引退。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチを務めると共に、定評のあるテレビ解説で日本のフィギュアスケート人気に貢献している

野口美惠[ノグチヨシエ]
スポーツ・ジャーナリスト、元毎日新聞記者。自身のフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆し、国内外の選手・コーチからの信頼も厚い。トロント・クリケット・スケーティング&カーリングクラブの夏季メンバーでもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

羽生結弦を頂点に導いた男。フィギュア世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。オーサー&ユヅル対談収録。羽生結弦を頂点に導いた男。
フィギュアスケート世界最強コーチが明かす、綿密な戦略と熱い戦いのストーリー。

オーサー&ユヅル対談収録!

本書の目次
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
第1章 ミスター・トリプルアクセル
第2章 キム・ヨナ
第3章 ユヅルとハビエル
第4章 ソチオリンピック
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
終 章 ソチオリンピック後、未来へ

はじめに
序 章 ブライアン・オーサー&羽生結弦 師弟対談
 「ユヅルのスケーティングスタイル」を探して
 プログラムを最後まで演じきる力
 「いつも通り」のオリンピックへ
 ブライアンの喜ぶ顔を見て悔しさが嬉しさに
 フィギュアスケートのレベルアップを牽引する
 ブライアンから得たことを伝えたい
第1章 ミスター・トリプルアクセル
 フィギュアスケートと恋に落ちて
 男子フィギュアを変えた震源地
 オリンピックという魔物
 新しいことに挑戦する意欲
 4回転に挑戦

 解説
第2章 キム・ヨナ
 腰を抜かすほどの才能
 毎日泣きながらの練習
 練習を量から質へ
 浅田真央へのライバル心
 ヨナが初めて笑った

 解説
第3章 ユヅルとハビエル
 アダムとクリスティーナ、2つの経験
 ハプニング満載のハビエル
 才能あふれるのにコントロールできないユヅル
 つねに全力で演じるのがユヅルの美学
 選手が2人でも責任は私ひとりで背負う

 解説
第4章 ソチオリンピック
 ユヅルの力強さがぴったりハマる曲
 勢力図が変わった福岡のグランプリファイナル
 見ごたえのあった全日本選手権
 オリンピック団体戦は別の試合と考える
 チーム・ブライアン出陣

 解説
第5章 チーム・ブライアンのコーチング
 チーム・ブライアンの陣容
 パッケージング、マネージング、モチベーティング
 2人のトップスケーターへの接し方
 ISUが求める変化に対応する
 点数を上げるアプローチ

 解説
終 章 ソチオリンピック後、未来へ
 2014年世界選手権でダブル表彰台
 新シーズンのプログラムの決まり方
 無理をしてでも新しい持ち味を探す時期
 ハビエルへ
 ユヅルへ
 My Mission
監修者のことば


ブライアン・オーサー[ブライアン オーサー]
著・文・その他

樋口 豊[ヒグチ ユタカ]
監修

野口 美惠[ノグチ ヨシエ]
著・文・その他/翻訳