真実への盗聴

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062178884
  • NDC分類 913.6

内容説明

結婚して間もない七川小春は、勤めていたブラック企業を辞職した。少子高齢化が進み年金負担が激増するなか、小春は寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発しているアスガルズ社の採用試験に応募する。面接官の黒崎は、19年前、小春の遺伝子治療を担当した男だった。小春の聴覚の発達を知る黒崎は、「メトセラ」の販売を阻もうとする子会社に、小春をスパイとして派遣する。

著者紹介

朱野帰子[アケノカエルコ]
1979年生まれ。2009年『マタタビ潔子の猫魂』(メディアファクトリー)で第4回ダ・ヴィンチ文学賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

遺伝子治療の副作用で、聴覚が異常に発達した小春は、寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発した子会社に、スパイとして潜り込む。

結婚して間もない七川小春は、勤め先のブラック会社を退職した。高齢化が進み年金負担が激増する社会で、小春は寿命遺伝子治療薬「メトセラ」を開発したアスガルズ社の採用に応募する。
じつは小春は19年前に受けた遺伝子治療の副作用で、聴覚が異常に発達していた。その秘密を知るアスガルズ社の黒崎は、「メトセラ」の製品化を阻もうとする子会社に、小春をスパイとして派遣する。