• ポイントキャンペーン

チャランポラン闘病記―多発性硬化症との泣き笑い2000日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784062161275
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0095

内容説明

噺家にとって命同然の「言葉」が、突然不自由になってしまったあの日から2000日。こん平は何を感じ、難病とどう向き合ってきたのか―。

目次

第1章 突然襲った病魔
第2章 15歳で上京してきた少年
第3章 『笑点』デビューと真打昇進
第4章 師匠の死から一門を率いる苦労
第5章 「ジイジ、がんばって」
第6章 消えぬ情熱

著者等紹介

林家こん平[ハヤシヤコンペイ]
1943年、新潟県に生まれる。本名・笠井光男。落語協会相談役。1958年、上京。林家三平に弟子入りする。1966年、人気落語番組『笑点』に初出演。1972年、真打昇進。2004年8月、声帯を患い、入院。2005年1月、指定難病「多発性硬化症」と診断される。2007年、スポットで高座復帰するも、現在は一時降板中。リハビリを続け、高座のレギュラー復帰を目指している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。