画商の「眼」力―真贋をいかにして見抜くのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062149525
  • NDC分類 720.67
  • Cコード C0095

内容説明

藤田嗣治、梅原龍三郎、林武、朝井閑右衛門、藤島武二、岸田劉生、鴨居玲…。半世紀にわたり、第一線で“真剣勝負”をした日本一の画商が明かす、絵画に秘められた「真実」。

目次

第1章 画廊と画家
第2章 藤田嗣治の鑑定
第3章 画家のパレットが語るもの
第4章 私が見抜いた贋作
第5章 画商としての目が問われるとき
第6章 カタログ・レゾネに込める画商の魂

著者等紹介

長谷川徳七[ハセガワトクシチ]
株式会社日動画廊代表取締役社長。1939年、東京都に生まれる。1964年、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業、住友銀行東京支店に入行。1965年退行、同年日動画廊に入社。創業者で実父である長谷川仁の跡を継ぎ、1976年、代表取締役社長に就任。全国洋画商連盟会長、全国美術商連合会会長を歴任した。1979年にオフィシェ芸術文化勲章を、1998年にはコマンドール芸術文化勲章をフランス政府より受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

私に藤田嗣治の鑑定ができる理由!
「真贋」とは、画家・絵画・画商とは、「見分けの極意」とは、何か。絵画を超え「本物」を求める人へおくる、入魂の一冊!