真珠湾攻撃総隊長の回想―淵田美津雄自叙伝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 421p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062144025
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

真珠湾、ミッドウェー、広島・長崎を目撃し、ミズーリ号の降伏調印式に立ち会った男は、戦後なぜ、キリスト教に回心したのか?真珠湾から66年目の初公開。

目次

第1部 その一日のために
第2部 トラトラトラ
第3部 暗転
第4部 帝国の落日
第5部 占領の名の下で
第6部 回心

著者等紹介

淵田美津雄[フチダミツオ]
1902年(明治35年)奈良県生まれ。24年(大正13年)海軍兵学校卒業(52期)。44年(昭和19年)大佐任官。51年洗礼を受ける。76年死去

中田整一[ナカタセイイチ]
1941年(昭和16年)熊本県生まれ。66年九州大学法学部卒業後、NHK入局。現代史を中心としたドキュメンタリー番組を担当する。「二・二六事件消された真実―陸軍軍法会議秘録」(88年放送)で、日本新聞協会賞・放送文化基金個人賞受賞。退局後は執筆に専念。『満州国皇帝の秘録―ラストエンペラーと「厳秘会見録」の謎』(幻戯書房、2005年)で、毎日出版文化賞、吉田茂賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

発見!開戦と敗戦の現場を目撃した男の自叙伝。
トラトラトラを発し、ミッドウェーで命を拾い、降伏調印式に立ち会った男は、なぜ戦後キリスト教に回心し、以前の敵国へ渡ったのか。昭和史を体現する数奇な運命。