世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田につくった男はなぜ忘れ去られたのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062143608
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

映画館の名は「グリーン・ハウス」。レストランの名は「ル・ポットフー」。日本海の港町で、伝説の男・佐藤久一は命の炎を燃やした―。夢追い人の物語。

目次

第1章 グリーン・ハウスその一―一九五〇~五五年
第2章 グリーン・ハウスその二―一九五五~六四年
第3章 東京・日生劇場―一九六四~六七年
第4章 レストラン欅―一九六七~七三年
第5章 ル・ポットフー(清水屋)―一九七三~七五年
第6章 ル・ポットフー(東急イン)その一―一九七五~八三年
第7章 ル・ポットフー(東急イン)その二―一九八四~九三年
第8章 ふたたび、レストラン欅―一九九三~九七年

著者等紹介

岡田芳郎[オカダヨシロウ]
1934年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。56年、電通入社。コーポレート・アイデンティティ室長を経て、電通総研常任監査役を務め、98年、退職。70年の大阪万博では「笑いのパビリオン」を企画。80年代は電通のCIビジネスで指導的役割を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。