親子で読む地球環境の本―持続可能な開発小さな一歩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 81p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784062139656
  • NDC分類 519
  • Cコード C0736

内容説明

この30年の間に動物の数は40%減少しました。地球上の5人に1人が飢えています。世界の4分の1の人口が7割以上のエネルギーを消費しています。100年後には地球の平均気温は5度上昇する可能性があります。今できることは何ですか。

著者等紹介

伊藤緋紗子[イトウヒサコ]
翻訳家、エッセイスト。横浜生まれ。上智大学外国語学部、同大学院仏文科修了。在学中、仏政府給費留学生として渡仏。現在は翻訳、仏語教師の他、ファッションや女性の生き方に関する雑誌連載や講演活動で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Fumie・Vookworm

1
遺伝子組み換え・貧困問題などあらゆる問題に対して個人レベルでできることが書いている。挿絵もあって読みやすい。「花々から蜜を集める蜂がいなくなれば人間は4年で消滅する。なぜなら蜂がいなくなったら植物も木ももう受粉ができなくなるから」アルバート・アインシュタイン。2014/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1487079
  • ご注意事項