滝山コミューン一九七四

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062139397
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

東京都下の団地の日常の中で、一人の少年が苦悩しつづけた、自由と民主主義のテーマ。受験勉強と「みんな平等」のディレンマの中で、学校の現場で失われていったものとは何か?そして、戦後社会の虚像が生んだ理想と現実、社会そのものの意味とは何か?マンモス団地の小学校を舞台に静かに深く進行した戦後日本の大転換点。たった一人の少年だけが気づいた矛盾と欺瞞の事実が、30年を経て今、明かされる。著者渾身のドキュメンタリー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

55
西武沿線で、絶大な存在感を示していた滝山団地。その住民で構成された小学校における思想教育を考察する、ノンフィクション作品。同じ著者による「レッドアローとスターハウス」で、すっかり団地のとりこになったので、楽しみに読んだが、どちらかというと教育論がベースで、やや拍子抜け。そして自身の日記や文集からの引用が多々あり、長い思い出話に付き合わされた感すらある。終章に「学者が私を主人公にする物語を書くことは禁じ手とされているが〜」とあるが、まさにその心配の通りになってしまってはいないか。2015/05/26

YO)))

17
年々マスゲーム的なものに対する嫌悪感が高まっている自分にとって、相当なディストピアみが感じられ気が滅入る話だった。 団地の均質性・閉鎖性と集団主義的教育の親和性、 そこからの逃避先が中学受験のための進学塾だったというのも、何というか皮肉だなと。2017/07/09

宮永沙織

10
1974年学生闘争が終わりを迎えたが、教育の現場では日教組による共産主義的教育がなされていた。赤旗にも掲載されるようなモデル学校に著者は小学校生活を送る事になる。2011/01/17

inokori

8
購入してから何度も中途で挫折していた一冊.著者とほぼ一回り違い,生育環境も違う自分の小学生の頃の学校の記憶と重なる部分がかなりあり,その記憶がよみがえるのが通読の妨げになってきた.コミューン形成に関わった教員たちと同窓であるという偶然も因縁めいて感じた.著者の滝山コミューンでの約10年後,あたしにも,著者が違和感を覚えた「6年5組」のようなクラスがあり,そのクラス運営を指揮する教員に目の敵にされた記憶が鮮明に思い起こされた.2010/10/24

ヘンリー

7
小学校時代の出来事をここまで詳細に再現するとは、恐るべき記憶力と記録力。著者は、当時の同窓生たちを「子どもらしくない」と嘆くが、子どもだからこそかくも見事に「洗脳」されたのだろう。著者の方が早熟でヘンな子だったに違いない。2009/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466502

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。