明香ちゃんの心臓―検証 東京女子医大病院事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062133227
  • NDC分類 498.12
  • Cコード C0095

内容説明

日本一の病院で心臓手術を受けた、12歳の少女が死んだ。死因は隠蔽され、記録は改竄された。悲劇を繰り返さないために、渾身のノンフィクション、600枚。

目次

第1章 明香ちゃんが病院で死んだ
第2章 第5手術室で何が起きたのか
第3章 両親への報告はこうして行われた
第4章 屍を乗り越えて―東京女子医大附属日本心臓血圧研究所(心研)の戦後史
第5章 二医師の逮捕
第6章 病院が変わることを信じて

著者等紹介

鈴木敦秋[スズキノブアキ]
1963年、東京都生まれ。明治大学を卒業後、商社勤務を経て、90年、読売新聞社に入社。94年から社会部に勤務し、遊軍記者として長く医療取材に関わる。2004年からは社会保障部、06年からは医療情報部に籍を置き、医療担当に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

153
第29回(2007年)講談社ノンフィクション賞。 東京女子医大 心研で起きた医療事故の真実に 取り組んだ渾身のノンフィクションである。 第5手術室で一体何が起きたのか?そして 大学側は何を隠蔽しようとしたのか? 病院内の生々しいやり取りが、今に蘇る。 医療に携わる医師たちと、 明香ちゃんの父母の苦悩が 心に痛い、そんな本だった。2018/11/17

おいしゃん

25
ノンフィクション賞作品。プライドを持って治療にあたる医師たちと、任せるしかなく歯痒さを持つ家族の溝をどう埋めるか、というのがテーマか。著者は最後まで、あくまでフラットな立場で両者を描き切っており、優れたノンフィクションだった。2021/11/21

zoe

20
重い。後書きでは、悲劇を乗り越えてとして、様々の事故を簡単に取り上げています。2018/12/06

akia akira

2
医療に、「絶対」は存在しない。それでも、患者家族は成功率99%の手術なら絶対、成功すると思ってしまう。インフォームドコンセントなど、当時の実情を知ることで、現代の医療に生かされている部分を感じとることができた。2019/12/02

2
古本屋でふと目につき。女子医といえば、昨今もまた話題になっていませんでしたっけ。選ばれし者だけが成功し、人の命を握っている、高度医療の世界の難しさを垣間見ます。特殊だということは分かるけれど、誠実さだけは保ってほしい。2014/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/42094

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。