お狂言師歌吉うきよ暦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062131100
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「あたしも一座に」―歌吉、こと中橋広小路の駕篭屋赤松の娘・お吉は、踊りの師匠・水木歌仙率いるお狂言師一座に加えてもらうことになった。お狂言師は、大名家の奥向きにあがって狂言や踊りをご覧に入れる。胸の高鳴るような話の直後、事件は起きた。これからは、歌吉の名を立てて、生きていかなければならない。そんな折、歌吉は、何者かに連れ去られる…。直木賞作家が放つ長編時代小説。

著者等紹介

杉本章子[スギモトアキコ]
1953年、福岡県八女市生まれ。ノートルダム清心女子大学国文科卒業後、金城学院大学大学院修士課程修了。江戸文学を学ぶ。この修士論文の延長で書いた「男の軌跡」で、’80年に歴史文学賞佳作入選。作家デビューを果たす。’89年、「東京新大橋雨中図」で直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

50
お狂言師を目指す駕籠屋の娘お吉が御公儀の隠密から姉弟子のことを探るように命じられる…というのがメインのお話で、それがだんだんきな臭さを増していくのにハラハラしつつも、合間に出てくるエピソードにも心惹かれた。2015/05/31

ドナルド@灯れ松明の火

19
杉本さんの歌吉シリーズ第一巻。狂言師という設定がなかなか面白い。短編の集まりと思っていたが、1冊で1話だった。顔を傷つけられた狂言師お吉は今後名探偵になっていくのだろう。次作も1冊1話なのかな?2016/08/21

ぶんぶん

18
【図書館】「信太郎シリーズ」に続いて狂言師・歌吉シリーズを読む。 こちらも、江戸情緒あふれ良い感じ。 大名家の奥向きで狂言や踊りを披露する「お狂言師」歌吉は水木歌仙の弟子である。 そのお吉がひょんな事から隠密仕事に関わる事に、姉弟子の歌津代の旦那を探れとの指令だが、良く判らない。 気丈なお吉が将来をお狂言師に生きる事を宣言し強く羽ばたくまでを描いた作品。 次があるとの事で今度はどんな冒険譚になるのやら楽しみ、一先ずは、老中水野忠邦絡みの話しは終わり。 お小人目付という公儀隠密の仕事が面白い。 2019/05/07

丸太

5
面白かった!陰謀と凶刃の中、狂言師歌吉が武家に入り込み大活躍。町屋娘の優しさと爽やかさも忘れず、好感。取り巻く人物も善悪問わず、なかなか魅力的。推理建てや展開も見事で読み応えあり、このシリーズも当たりだな(^o^)2016/08/27

cassyu

5
お初の作家さん。女流時代小説家の作品が読みたくて手に取りました。お狂言師、という存在自体を初めて知りました。もっと芸事よりの話かと思って借りたのですがどちらかというと推理モノのようですね。いかにもいかにも気になりますので(笑)続きも読んでみたいと思います。2012/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/532402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。