幸福な最期―ホスピス医のカルテから

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 257p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062104784
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0095

内容説明

死は終末をどう生きるかを問うものだ。打ちこむものがある人の終末期は穏やかである。人は生きたようにしか死ねない。死の意味を教えてくれた患者のことを記す。医師がガンになってわかったことを併載。

目次

第1部 追憶のカルテ―どうしたら幸福な最期が迎えられるか(打ちこむものがあれば穏やか;教師をやめ医学の道へ;「喪失」重く妻は衰弱;一人終末迎えた女性;死と癒し説いた牧師 ほか)
第2部 私のガン闘病日記―医者がガンになってわかったこと(なぜ病院を受診したか;大阪府立成人病センター院長の診察を受ける;ガン告知についての問題―ガン患者になってみて;祈りと死と;無麻酔の胃カメラはじまる ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gontoshi

2
色々な死があるのかなと思いますね。 また、癌は経験して見ないと分からない部分も多いのかなと思います。2023/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1749134
  • ご注意事項