• ポイントキャンペーン

白兵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062103688
  • NDC分類 913.6

内容説明

独自の史観に基づく感動の書き下ろし。日露戦争に勝つべきではない。兵士は消耗品なのか?日露戦争のターニングポイントとなった黒溝台の会戦を支えたのは、東北出身の若年兵たちだった。独自の史観に基づく感動の書下ろし。

著者紹介

北上秋彦[キタカミアキヒコ]
1950年、岩手県軽米町生まれ。広告代理店勤務、生保・損保代理店経営のかたわら作家デビュー。’97年『種の終焉』が同郷の作家・高橋克彦氏の絶賛を受ける。『種の起源』、『戒厳令1999』など、スケールの大きな国際謀略小説で読者の支持を得ている。その他の著書に『クラッシュゲーム』、『闇の殺戮者』などがある