狼の果実

  • ポイントキャンペーン

狼の果実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062102889
  • NDC分類 913.6

内容説明

北海道・帯広の近郊に、世界最大級のガラスハウスが建設されている。内部環境をコンピューターでコントロールし、トマトを生産するという。農業にITを融合させることで、衰退する日本農業を蘇生させ、ビジネスマンの新しい生活を提案する、野心的なプロジェクトだ。フリーライターの草薙健介は、設立記者会見に招かれる。プロジェクトの社長として健介を出迎えたのは、学生時代の親友・高見だった。

著者紹介

渋沢和樹[シブサワカズキ]
1959年横浜市生まれ。経済誌記者。’97年日本経済再生の芽を描く長編サスペンス「銹色の警鐘」でデビュー。’99年ゲーム産業を舞台にした「バーチャル・ドリーム」を刊行