魚になれた日―筋ジストロフィー青年のバークレイ留学記

魚になれた日―筋ジストロフィー青年のバークレイ留学記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784062098656
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

全身の筋力が弱くなり運動機能が低下する難病、筋ジストロフィー。14歳で歩行不能になり、車いす全面介助の生活となる。家族と少ない理解者に支えられて、大学卒業後、アメリカ・バークレイに留学。自立して生活し、社会に貢献する仲間を見て勇気づけられ、自己実現をはかっていく。

目次

1章 だから私はバークレイに渡った(サンフランシスコでデート;フットベースに夢中だった;ことばで表わされなかった診断 ほか)
2章 希望の街バークレイに住む(自立生活スタート;介助者管理業;「おもらし」をしない ほか)
3章 バークレイ発、挑戦(空、鳥のごとく旅へ;杓子定規に苦しめられる;試練つづきのフライト ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Rie

4
筋ジストロフィーに侵された青年が障害者の自立生活運動が進んでいるとされるバークレイへ渡り、自立生活を始める。見える障害、見えない障害、色々あるのだろうが、精一杯自分のできることを楽しみ、挑戦する姿には勇気をもらえる。2014/08/14

tata

0
相手を知りたかったら、本人に聞くか、他から情報を得るかで手にとった一冊。日本の制度の不甲斐なさを実感2013/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1887272

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。