講談社文芸文庫
思想への望郷―寺山修司対談選

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 278p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061983724
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「書を捨てよ、街へ出よう」に象徴される寺山の思想。時代を牽引する七人の思想者との対論により、内蔵する逆理の根源が浮彫りにされる。鶴見俊輔との対話「読書論」、三島由紀夫「抵抗論」、塚本邦雄「ことば」、別役実「わらべ歌考」、種村季弘「都市とスペクタクル」、岸田秀「物語としての“宗教”」、死を可視した寺山の希求により実現した吉本隆明との対話「死生観と短歌」、代表的対談七篇を精選収録。

目次

読書論(鶴見俊輔)
抵抗論(三島由紀夫)
ことば(塚本邦雄)
わらべ歌考(別役実)
都市とスペクタクル(種村季弘)
物語としての“宗教”(岸田秀)
死生観と短歌(吉本隆明)