講談社文芸文庫<br> 懐中時計

個数:
電子版価格 ¥1,254
  • 電書あり

講談社文芸文庫
懐中時計

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 18時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784061961425
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大寺さんの家に、心得顔に一匹の黒と白の猫が出入りする。胸が悪く出歩かぬ妻、二人の娘、まずは平穏な生活。大寺と同じ学校のドイツ語教師、先輩の飲み友達、米村さん。病身の妻を抱え愚痴一つ言わぬ“偉い”将棋仲間。米村の妻が死に、大寺も妻を失う。日常に死が入り込む微妙な時間を描く「黒と白の猫」、更に精妙飄逸な語りで読売文学賞を受賞した「懐中時計」収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Roy

22
★★★★+ 地面にどっかりと腰をおろしている小説である。それは怠惰ということでなくて、地面に接する面積が多いという事、即ち生きている者の生活が誠実に描かれている。言うなれば四角錐なんだけれども、そこに何らかの死が通過していく。四角錐に落とされた雫のように、重力に逆らわず通過するのだ。どれも良いのだけれど「黒と白の猫」「蝉の脱殻」「砂丘」「影絵」「ギリシャの皿」がとりわけ好きです。2009/06/29

ぱせり

11
過ぎゆく日々のスケッチ、亡くなった人々の横顔。まるで列車の窓から見るように風景は変わっていく。それなのに、作家は残される。しみじみと寂しくもなります。しかし、必要以上に感傷的ではないのです。それがよい感じ。大寺さんの物語全部と『懐中時計』が好き。2013/05/04

ふるい

10
人生の中でふと心をよぎる影のような時間が、淡々と描かれていく。じんとくる。ほんとうにいい小説は古びないのだと、しみじみ思う。大寺さんものはもちろん、「影絵」のような少し不思議な味わいがあるものもよかった。2017/01/15

nekokokochi

9
騒々しさから逃れたいときには小沼さんの静謐な世界を味わう。前半は大寺さんを主役としたのんびりした短篇。死は出てくるが、生きてるものはいずれ死にゆくといった達観した立場が見られる。後半は狂気を描いたり少しきりっとした話もある。表題作「懐中時計」は、気の置けない友人同士の素直でないやんちゃな会話ににやりとした。2009/09/20

qoop

8
比較的初期のミステリと、その後の〈いろんな感情が底に沈澱した後の上澄み〉を書いた作品群が混淆した作品集。読み応えがあるのはやはり後者で、霧が晴れて湿度が下がり、視界が開けたような明瞭さ・清々しさ・静けさ・ひんやりした肌触りなどが感じられ、日本文学史的なそれとは異なる私小説のあり様を見せてくれる。西洋的な感覚を覚えずにはいられないが、その咀嚼の仕方が著者の持ち味なのだろう。関係ないが、作風が混ざっている一冊だからこそ〈ギリシアの皿〉などは最後の着地点がどちらか分からず愉しめた。2021/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。