講談社学術文庫<br> 学問の世界―碩学に聞く

講談社学術文庫
学問の世界―碩学に聞く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061595316
  • NDC分類 002
  • Cコード C0100

内容説明

日本の知を切り拓いた巨匠たちは、どのように自己を鍛え、学を形成したのか?ユニークな知の方法を確立した京大人文研育ての親・桑原武夫、東洋史学の開拓者・貝塚茂樹、世界霊長類学の父・今西錦司、古代史研究に新画期を与えた騎馬民族説の江上波夫、近代理論経済学の中山伊知郎。東西の碩学五氏が縦横に語る、わが学のルーツ、わが師、わが友。

目次

1 桑原武夫―京大人文研育ての親
2 貝塚茂樹―東洋史学の開拓者
3 今西錦司―今西進化論の本家
4 江上波夫―騎馬民族説の背景と周辺
5 中山伊知郎―体験的経済学史

著者等紹介

加藤秀俊[カトウヒデトシ]
1930年、東京生まれ。東京商大(一橋大)卒業後、京大人文研に入る。京大助教授、学習院大教授ほかを歴任。専攻は、社会学。社会評論でも活躍

小松左京[コマツサキョウ]
1931年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。宇宙史・人類史などの広範な知見を駆使した日本のSF作家の草分け的存在
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。