• ポイントキャンペーン

ヒューマンエラーと機械・システム設計―事例で学ぶ事故防止策

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784061565074
  • NDC分類 501.8

内容説明

事故を防ぐ「安全設計」を身につける。

目次

1 事故とヒューマンエラー(人間は間違える生き物;事故要因としてのヒューマンエラー ほか)
2 ヒューマンエラーと安全バリア(ヒューマンエラーとは;ヒューマンエラーの定義;ヒューマンエラーの分類;新しいタイプの失敗;安全バリア)
3 機械設計によるヒューマンエラー対策(安全における常識と安全の定義;機械・システムの事故原因とヒューマンエラー;安全化の手順;リスク低減方策;安全設計思想;ヒューマンエラーとフールプルーフ;あとがき)
4 インタフェースとインタラクションによるヒューマンエラーの防止(正しい行動は正しい状況把握から;状況認識の対象になるもの;正しい状況認識のためのインターフェースデザイン;インタラクション)
5 事故事例と対策(自動車;航空機;鉄道;船舶;原子力プラント;医療)

著者紹介

柚原直弘[ユハラナオヒロ]
工学博士。1969年日本大学大学院理工学研究科機械工学専攻修了。現在、日本大学名誉教授

稲垣敏之[イナガキトシユキ]
工学博士。1979年京都大学大学院工学研究科精密工学専攻修了。現在、筑波大学大学院システム情報工学研究科長・教授

古川修[フルカワヨシミ]
博士(工学)。1979年東京大学大学院工学研究科舶用機械工学専攻単位取得中退。現在、芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

様々な分野の事故・対策事例をもとに、ヒューマンエラーを事故につなげない、あるいはエラーを防ぐ機械・システム設計を解説する。

機械・システムはわれわれに快適さ・便利さをもたらしますが、時に安全を脅かします。近年の研究で、事故の多くにヒューマンエラーが関係し、さらに「人間は間違える生き物」だということがわかってきました。ヒューマンエラーによる事故の防止は、機械・システム設計者にとって重要な課題です。ヒューマンエラーを防ぎ、またヒューマンエラーが生じても事故につながらないようにするための方策を、設計の段階から組み込んでおくことが求められています。
本書では、さまざまな分野での事故と対策の事例をとりあげました。それらを通して、ヒューマンエラーの理解を助け、他分野にも共通する事故防止方策を解説しています。

【著者紹介】
日本大学 名誉教授