なっとくシリーズ<br> なっとくする機器分析

電子版価格 ¥2,420
  • 電書あり

なっとくシリーズ
なっとくする機器分析

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784061545700
  • NDC分類 433
  • Cコード C3343

出版社内容情報

ブラックボックスな機器の中身がよくわかる。NMRやIRを始めとする化学の分析機器のしくみをていねいに解説。電子顕微鏡、NMR、IR、X線回折、質量分析……、分析機器の基礎から、最先端機器の原理までを明快に解説! これぞ分析のバイブル! 数式はあまり使わず、イメージを大切に。中田先生の名解説は一読の価値あり!

プロローグ 最先端の分析機器はここまで来た
第1章 形状を分析する顕微鏡
第2章 組成を分析するマイクロプローブ
第3章 構造を分析する回折装置
第4章 電磁波で分析する分光光度計
第5章 スピンで分析する磁気共鳴装置
第6章 イオンで分析する質量分析計


中田 宗隆[ナカタ ムネタカ]
著・文・その他

内容説明

電子顕微鏡、NMR、IR、X線回折、質量分析…分析機器の基礎から、最先端機器の原理までを明快に解説。

目次

第1章 形状を分析する顕微鏡
第2章 組成を分析するマイクロプローブ
第3章 構造を分析する回折装置
第4章 電磁波で分析する分光光度計
第5章 スピンで分析する磁気共鳴装置
第6章 イオンで分析する質量分析計

著者等紹介

中田宗隆[ナカタムネタカ]
1977年東京大学理学部化学科卒業。東京大学理学部助手などを経て、東京農工大学大学院生物システム応用科学府教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ななみん

0
読み物として読んでみた。機器の原理をパッと理解するためにはよい本だとおもいます。ただ、実践的に使うためにはあまり役に立ちません。専門書が必要だと思います。2013/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/189072

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。